平成29年度第二種電気工事士上期学科試験結果

平成29年度第二種電気工事士上期学科試験の結果が発表されました。

平成29年6月4日、全国57試験地、97試験会場で実施され、筆記試験の受験者数は71,646人。

合格基準点は60点以上で、43,724人が合格。
第二種電気工事士合格率(20170703現在)
合格率は61.0%。

少し低めですが6割超えてますし、難易度もそんなに変わらないんでしょうね。

技能試験は7月22日の土曜日、7月23日の日曜日。

残り3週間を切っております。

13問の試験課題も、そろそろ1周は終わりましたかね?

焦って急がなくても、40分の制限時間内に十分完成させられるはずなんですが、自分で時計見てスタート!っと練習する時はなぜかバタバタと焦ってしまうもんです。

時計を見ずに手順通りに進めていくと、40分切れて、時計見て必死になってやると40分以上掛かるなんて事もあります。

一つ一つを数秒ずつ短縮するだけで、凄く早くできて時間を余すのはもう少し練習してからですかね。

オススメとしてはMCC松坂鉄工所 VS-4Aストリッパーに、ホーザンの合格ゲージ。
RIMG2980.jpg

RIMG2982.jpg
普通はホーザンのストリッパーに、ホーザンの合格ゲージですが、あえてMCC製をオススメします。

ちゃんと装着可能は立証済み。
RIMG2989.jpg

この電気工事士試験のタメだけに生まれてきたような2つが、時間短縮のカギ。

ガチャンのストリッパーの方が10倍はストリップ(電線の皮剥き)させる時間は早いですが、外装のストリップ長計を測って、外装をストリップして、芯線被覆のストリップ長を測って、芯線被覆をストリップして・・・

何回、工具持ち替えるねんって段々を時間を取られます。

ちなみに、これがガチャンのストリッパー。
RIMG2977.jpg
VA線ストリッパ(MCC松坂鉄工所 VS-R1623)

今は刃の深さを調整できない、MCC松坂鉄工所製のVA線ストリッパスペシャル【VSS-1620】を使っております。

ホーザンのP-958VVFストリッパーでもMCC松坂鉄工所 VS-4Aストリッパーでも良いんですが、合格ゲージを付けていれば、全てが1つの工具で持ち替えナシにサクサク進みます。

問題はVVFストリッパーってだけでもダサいのに、合格ゲージで究極のイケてない工具になります。

例えば、出題率の高いランプレセプタクル。

①電線を長さ測って切る。
②ランプレセプタクル側の外装のストリップ長を測ってストリップ。
③ランプレセプタクル側の芯線被覆のストリップ長を測ってストリップ。
④接続点側の外装のストリップ長を計ってストリップ。
⑤接続点側の芯線被覆のストリップ長を測ってストリップ。
⑥ランプレセプタクル側の黒線及び白線の【のの字】曲げ。
⑦ランプレセプタクル接続。
⑧接続点側でリングスリーブもしくは差し込みコネクタで接続。
⑨リングスリーブの場合はスリーブからハミ出した芯線を切断。

ガチャンストリッパーの場合、必要な工具は
①線長を測るメジャー、切断するペンチもしくはニッパー。
②ストリップ長を測るメジャー、ガチャンストリッパー。
③ストリップ長を測るメジャー、ガチャンストリッパー。
④ストリップ長を測るメジャー、ガチャンストリッパー。
⑤ストリップ長を測るメジャー、ガチャンストリッパー。
⑥参考書ではペンチの率多し
⑦プラスドライバー
⑧リングスリーブ用圧着工具、差し込みコネクターの場合は不要。
⑨ペンチ及びニッパー

使うのはメジャー、ガチャンストリッパー、ペンチ、プラスドライバー、リングスリーブ用圧着工具。

VVFストリッパー(VAストリッパー)の場合
①線長を測るのも、切断するのもVVFストリッパー。
②外装のストリップ長も、ストリップするのもVVFストリッパー。
③芯線被覆のストリップ長も、ストリップするのもVVFストリッパー。
④外装のストリップ長も、ストリップするのもVVFストリッパー。
⑤芯線被覆のストリップ長も、ストリップするのもVVFストリッパー。
⑥【のの字】曲げはVVFストリッパー
⑦プラスドライバー
⑧リングスリーブ用圧着工具、差し込みコネクターの場合は不要。
⑨VVFストリッパー。

使うのはVVFストリッパー、プラスドライバー、リングスリーブ用圧着工具。

合格ゲージを装着していれば、芯線被覆のストリップ長もミリ単位で調整できるので、リングスリーブにせよ、差し込みコネクターにせよ、メジャーで測って爪で傷付けてそこをストリップしてなんて不要。

まして、圧着もしくは差し込みコネクターの接続前に微調整も不要。

複線図を書こうが、書くまいが、接続点側のストリップ長はリングスリーブか差し込みコネクターかは判明しているワケですから、後で調整しなくて良いように合格ゲージを使ってミリ単位でストリップしておけば2度手間は省けます。

残念ながら手が2本しかないので、メジャーで測りながら爪で印のキズを付けて、ガチャンストリッパーでストリップしてなんて出来ません。

右手にVVFストリッパー、左手に電線だけでサクサク進めるので、結果的にはガチャンストリッパーより単位作業は早く終わります。

仕事で使うのは断然ガチャンのストリッパーですが、試験なんで合格しなければ意味ありませんから。

ワタクシは試験の時、もちろんVVFストリッパーの合格ゲージ付きで挑みましたよ。

その両方はすでに今年、受ける受験者にあげました。

だって、仕事では絶対に使いませんしね。

確かに試験だけに使う工具を買うのはナンセンスかつ出費が嵩みますが、合格してなんぼの試験なんで確実性を取った方が良いんじゃない?ってお話でした。

人気ブログランキングに参加しています。

クリックひとつで@管理人の喜び倍増計画にご参加お願いしますm(_ _)m

   


テーマ : 資格を取ろう!
ジャンル : 就職・お仕事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

栗マン蔵

Author:栗マン蔵
旧マン蔵の曲芸走法
2009年12月09日に改名しました。
ホームページ
~世界征服への道~

初めて訪れた皆様へ
Advertisement
Advertisement
贈り物
電工2種取得を目指す人はこちら
電気工事士のいろいろ
ブログランキング

にほんブログ村 バイクブログ スポーツスターへ

FC2Blog Ranking

マン蔵商事オススメ
スポーツスターオーナーが
自ら開発、販売するショップ 883r-jp_x150f.jpg
PADDOCK_2017051911390327f.jpg
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
目指せ第二種電気工事士
スポーツスター本
スポーツスター・NV350にオススメ
ブログ内検索
ポットチェッカー
Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー
最近のトラックバック
娘の記録
記念日カウンター
NV350キャラバンカウンター
RSSリンクの表示