⑤認定電気工事従事者の道(講習編)

申し込みが11月7日、講習が3月12日で存在すら忘れかけの認定電気工事従事者の認定講習。

本日9時~17時までジックリと座学を受けてまいりました。
20170312093950a42.jpg
周りでは皆さん夢の中に落ちている中、結構マジメに講習内容を聞いてきました。
20170312093951259.jpg
きっと大半がサラリーマンさんで、会社の命令で受けて来いって言われて、渋々日曜日に講習を受けに来ているんでしょう。

自分で金払ってないヤツは強い(笑)

こちとら自らの意思で申し込んで、受講料を払って来ているので、身にしないとモッタイナイオバケが出ますわい。

そもそも、第2種電気工事士を取得すると、有料で講習を受ければもらえるオマケ資格。

第2種電気工事士を取得し、3年の実務経験がある者は(実務をしていなくても取得後3年)申請だけで貰えるオマケです。

AT限定の運転免許証を取って、1日講習を受けたらMT免許を差し上げましょう。
ただし、AT限定免許取得後3年経っていれば、申請のみでMT免許を差し上げましょうって感じです。

きっと、それよりタチ悪いですけど(笑)

では、この認定電気工事従事者とはなんぞや?

例えば一般家庭などで電力会社から100V、200Vで電気を引いている建物(一般用電気工作物)の電気工事。

これは第2種電気工事士で問題なく行えます。

電力会社から6600Vで電気を引いて、建物内の変圧設備(電気室、キュービクル)などで100V、200Vに落とし各部屋に送ってる建物(自家用電気工作物)の電気工事は、第2種電気工事士であってもコンセントひとつ付ける工事は出来ません。

大型のマンション、工場の事務所や通路、今のコンビニでも高圧受電で駐車場や店舗の裏にキュービクルを置いてある店が多いので、第2種免状では工事は何一つとして行いないのが本来のルール。

ほとんど知っててでしょうけど、100Vのコンセントを交換するだけだから、照明器具を増やすだけだからで2種持ちがやってるのが現状。

本当は第1種電気工事士が、作業を行わなければなりません。

そこで登場するのが、このオマケである認定電気工事従事者。

6600Vの高圧受電部は触れませんが、その先の100Vや200Vに変圧した部分(600Vまで)は触っても良いですよってのがこの資格。

100Vの工事だから、第二種電気工事を持ってれば触れるのではなく、電力会社から引き込んでる容量によって資格の種別が変わるのです。

同じ二種持ちでも、それを知らない人が大半ですけど(笑)

それによって、電気工事士法で罰せられたって話も聞いた事はありませんけど…

仲間内で公共交通機関の工事で2種しか持ってないのに、電気室内でやらかして、吊るし首にあったヤツは知ってますが(笑)

その時に、この認定電気工事従事者ってのが知れ渡りまして、一斉に受けに行ったり、申請したりで周りには取得してる人が多いのです。

それまでは、超が付くほどの大手建設会社も、今や日本でもトップクラス、潰れても親方日の丸が助けてくれる企業も一部の部署では知ってたでしょうけど、実働部隊は知りもせず、資格の有無も確認せず仕事をしていたのが現状だったんでしょうね。

公共交通機関の工事で吊るし首にあった子に感謝せよ(笑)

そんな、認定電気工事従事者の認定講習を受けて来ましたってお話でした。


人気ブログランキングに参加しています。

クリックひとつで@管理人の喜び倍増計画にご参加お願いしますm(_ _)m

テーマ : 建設業
ジャンル : 就職・お仕事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

栗マン蔵

Author:栗マン蔵
旧マン蔵の曲芸走法
2009年12月09日に改名しました。
ホームページ
~世界征服への道~

初めて訪れた皆様へ
電工2種取得を目指す人はこちら
電気工事士のいろいろ
ブログランキング

にほんブログ村 バイクブログ スポーツスターへ

FC2Blog Ranking

Amazon商店
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
目指せ第二種電気工事士
スポーツスター・NV350にオススメ
ブログ内検索
ポットチェッカー
Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー
最近のトラックバック
娘の記録
記念日カウンター
NV350キャラバンカウンター
RSSリンクの表示