アルプス印鉄滑車製造部門閉鎖

先日、日立製作所が日立工機の売却を検討しているってニュースがありました。

ヒタチストの方は、大きなショックを受けられたかもしれませんが、それとは比べモノにならないくらい大きなニュースが。

アルプス印鉄滑車製造部門の閉鎖。

これは衝撃的です。

あのアルプス(ALPS)の滑車が・・・
IMG_2440.jpg
これは日立工機が、売り飛ばされるなんてニュースも吹き飛びます。

9月末日で閉鎖したそうで、コンドーテックに事業譲渡したとの事。

時すでに遅し・・・

なんとも無骨で、荒々しくも丈夫な作りが好きでした。

もう秋長製作所が作った、アルプス印の滑車が買えないなんて・・・

右から2個がアルプス印。
IMG_2447_20161008152615454.jpg
深緑が強力型スナッチ0.5t、車径75mm

オレンジの新品(出番を待つ在庫品)が軽量型ライトスナッチ0.3t、車径75mm

あとはHHH(スリーエッチ)。

アルプス印の0.75kgが2個と1.5tのスナッチ滑車は、今も現場でぶら下がってるので、ここにはいません。

前職では、6車の10t型や15t型を何個買ったことか。

当時は船長や甲板長が、滑車(金車キンシャと呼びます)買っといてくれと言えば、アルプスの滑車。

金車(滑車)はアルプス、シャックルは大洋製器工業。

違うメーカーの買ったら、使われずに船倉にずっと放置されているぐらい拘ってはりました。

その時は扱ってるモノが50t、100tでしたので今とは違います。

しかし、その時の名残で滑車はアルプス、シャックルは大洋製器工業。

HHH(スリーエッチ)は100kgとか、小さいのがあるので買いましたが基本はアルプス。

コンドーテックに譲渡されても、ALPSで売るんだろうか?

滑車なんてそんなに、たくさん使うのか?とお思いかもしれませんが、使います。

多い現場だと、上にもブラ下げて、下にも、水平方向(横向き)にも使います。

理想は左の絵です。
とび金
しかしウインチの据える位置は限定されるわ、障害物があるわとなると、極端には右の絵になります。

その場所、その場所によって違いますので、上から吊る滑車、下から引っ張る滑車、水平方向にワイヤーの向きを換える滑車などで数多く使います。

今ならまだアルプス印の滑車も在庫を持っている所もあるでしょうし、チョット集めようと思います。


人気ブログランキングに参加しています。

クリックひとつで@管理人の喜び倍増計画にご参加お願いしますm(_ _)m

   

テーマ : 建設業
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

栗マン蔵

Author:栗マン蔵
旧マン蔵の曲芸走法
2009年12月09日に改名しました。
ホームページ
~世界征服への道~

初めて訪れた皆様へ
楽天モバイル
広告
贈り物
電工2種取得を目指す人はこちら
電気工事士のいろいろ
マン蔵商店
ブログランキング

にほんブログ村 バイクブログ スポーツスターへ

FC2Blog Ranking

マン蔵商事オススメ
スポーツスターオーナーが
自ら開発、販売するショップ 883r-jp_x150f.jpg
PADDOCK_2017051911390327f.jpg
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
目指せ第二種電気工事士
スポーツスター本
スポーツスター・NV350にオススメ
広告
ブログ内検索
ポットチェッカー
Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー
最近のトラックバック
娘の記録
記念日カウンター
NV350キャラバンカウンター
RSSリンクの表示