淡路ワールドパークONOKORO(その3)

島国日本にして、キングオブ島国(マン蔵.net調べ)の称号を欲しいままにしている淡路島。

そこに世界遺産の数々があると知り、嫁と娘と出かけていった淡路ワールドパークONOKOROの記録の第三弾。

聖バシリー寺院(ロシア・モスクワ)
2P2A2138.jpg

2P2A2139.jpg
イワン4世が依頼した石造建築でヴィザンチン、イタリア・ルネッサンス、イスラムなどの様式を取り入れた特異な造形である。

17世紀になって特徴的な球型の屋根が加わり、おとぎ話に出てくるような建物になった。

ワットアルン(タイ・バンコク)
2P2A2130_20160704124249e59.jpg
アユタヤ時代に建立。

アルンとは「暁」を意味し、明け方に朝日を浴びるとこの塔が幻想的に輝くことから「暁の寺」とよばれるようになった。

この塔は高さ67mで三島由紀夫の小説「豊饒の海」にも登場。

天壇(中国・北京)
2P2A2133.jpg

2P2A2135.jpg
五穀豊穣を願う祈年殿は、瑠璃瓦の3層構造で、釘、梁を一切使用していない。

内部中央に4本柱(龍井柱)、周囲に12本の柱が2列、それぞれ、四季・12ヶ月・時刻を表す。

決して焼き肉屋ではない。

ピサの斜塔(イタリア・ピサ)
2P2A2106.jpg
イタリアロマネスク様式の鐘楼(しょうろう)。

この場所は地盤が弱かったため建設当時から傾きはじめ、傾斜を修正しつつ8層(高さ54m)の塔が完成した。

現在も年間0.2mmずつ傾斜している。

またガリレオが「物体落下の法則」を証明したという逸話がある。

決して斜塔を手で押しているような写真を撮ってはいけません(笑)


ここで、大変な事に気づきました。

なんの下調べもせず、思い付きで行ったので世界遺産などの有名な建物が18ヶ所あるということすら知識無く。

25分の1スケールのミニチュア世界遺産より、道ばたに落ちている小石を拾って投げる方が楽しい1才半の娘が、熱中症にならないかと心配しながら写真撮って、移動してを繰り返していたら・・・

マスジット・イ・シャー (イラン・イスファハーン)とバッキンガム宮殿(イギリス・ロンドン)を見逃してたようです。

その事に気づいたのは・・・

帰ってきて3日後・・・

18あるはずなのに写真が16ヶ所分しかない。

しかもバッキンガム宮殿を飛ばしてたとは・・・

今、ホットな話題を振りまいてくれているイギリスの顔を。

次、娘が小石拾いではなく、遊園地に興味を持てるようになったらリベンジに行きたいと思います。

晴天の日曜日に、あの人出しかいない淡路ワールドパーク・オノコロがいつまで潰れずいるのか心配ですが。


その1編:淡路ワールドパークONOKORO
その2編:淡路ワールドパークONOKORO(その2)


人気ブログランキングに参加しています。

クリックひとつで@管理人の喜び倍増計画にご参加お願いしますm(_ _)m

   

テーマ : 歴史・文化にふれる旅
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

栗マン蔵

Author:栗マン蔵
旧マン蔵の曲芸走法
2009年12月09日に改名しました。
ホームページ
~世界征服への道~

初めて訪れた皆様へ
楽天モバイル
広告
贈り物
電工2種取得を目指す人はこちら
電気工事士のいろいろ
マン蔵商店
ブログランキング

にほんブログ村 バイクブログ スポーツスターへ

FC2Blog Ranking

マン蔵商事オススメ
スポーツスターオーナーが
自ら開発、販売するショップ 883r-jp_x150f.jpg
PADDOCK_2017051911390327f.jpg
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
目指せ第二種電気工事士
スポーツスター本
スポーツスター・NV350にオススメ
広告
ブログ内検索
ポットチェッカー
Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー
最近のトラックバック
娘の記録
記念日カウンター
NV350キャラバンカウンター
RSSリンクの表示