2000万円のバイクと騒ぐなかれ

ホンダRC213V-Sでの検索が多いので調子に乗って連投。
hiroshi213V-S.jpg
デモランで公道デビューのRC213V-S(ライダーは青山博一)


ホンダが参戦している世界最高峰の二輪レースMotoGP。

参戦するって事はレースに出るって事で、レースに出るには二輪レースですからオートバイがいります。

ホンダはずっと昔からレースに出ているワケなんですが、現在走らせているのがRC213V(アールシーニイイチサンブイ)ってモデルのオートバイ。

お馴染みの原付きスクーターにも、カブとかDioとかトゥデイとか名前が付いてますでしょ?

その名前がRC213Vって言うんですな。

2012年からモトGPで使われ始めました。

その前はRC212V(2007年~2011年)、その前がRC211V(2002年~2006年)っていう名称で下番が1、2ときて今が3ってワケ。

戦歴は輝かしいものでデビューしたのが2012年。

2012年は個人タイトル(ヤマハのホルヘ・ロレンソ)は取れなかったものの、ケーシー・ストーナーとダニ・ペドロサの2人で18戦中12勝。

2013年はマルク・マルケスが6勝でチャンピオン、ダニ・ペドロサが3勝で18戦中9勝。

2014年はマルク・マルケスが13勝でチャンピオン、ダニ・ペドロサが1勝で18戦中14勝。

2015年の今シーズンは6戦終わった時点でマルク・マルケスが1勝。

今シーズは少し出遅れておりますが、戦歴はピカイチ。

そのRC213Vを公道で走らせたいと思った本田技研工業さん。

RC213Vにヘッドライト、ウインカー、ブレーキランプなどの保安部品を付けりゃ良いんじゃない?ってワケにもいかないんですよね。

なにせRC213Vは売ってくれません。

ホンダの最新技術の粋を集めたバイクですし、売ってたらライバルメーカーに買われて研究されちゃいますからね。

その代わり、貸してはくれます。

詳しくは書きませんが、MotoGPでも借りてるチームがあります。

誰でも彼でも貸してくれるワケではないので、普通は乗れません。

正式に発表はされてませんが、年間4億円とも4億5000万円とも言われておりまして、あくまでもリースです。

シーズン終了後にはいったん返さなければなりません。

4億円払ったんだからリースアップで「ちょうだい」と言っても貰えません。要返却です。

で、そのRC213Vの公道用が昨今話題のRC213V-S。

世界最高の技術の粋を集め、戦歴もピカイチ、RC213Vで公道走りませんか?と売り出されるのがRC213V-S。

お値段は税込み21,900,000円(税抜 20,277,778円)。

最初は2000万円って報道されてましたが、ホンダが出した価格は2200万円。

通貨がアメリカドルの国では184,000ドル。

ユーロ圏では188,000ユーロ。

世界一高価なオートバイっていうのは、どっかのコンセプトモデルとか、ロケットエンジン積んでるとか。

カスタービンエンジンだったり、8000ccとか、KY2とか。

まったく実用性のない高価なバイクなんですけど、RC213V-Sはホンダって世界的企業が一般公道向けに作った本物のレーサーレプリカ。

現在はホンダの子飼いの、2年連続世界チャンピオンであらせられますマルク・マルケスもベタ誉めです。


伊藤真一がテストしている様子もホンダが公開しています。


きっと日本仕様の公道走行可能バージョンではないでしょうけど、こんなん市販していいんかい?


RC213V-S買って普通のオートバイみたいにコンビニまでの足や、サンデーツーリング族が乗れるかというと怪しいもんですけど。

普通に乗れるのは乗れると思いますよ。

その代わり維持するのって大変でしょうね。

もちろん費用面でも。

何時間走ったら、何キロ走ったらHRCに持ち込み、または最寄りの販売店より依頼してもらいHRCによりオーバーホールとか。

メンテナンスは日本に数店しか持ってないRC213V-S専門診断機や、工具があるホンダ正規販売店でとか。

きっと3000キロでオイル交換なんて言ってたらHRCにブン殴られますよ(笑)

確かに2200万円ってオートバイ括りで言えば、とんでもなく高額ですが四輪の名前だけで売ってる高級車は買えない金額。

宝石ギラギラの高級時計でも2000万円っていやたいしたことない。

二輪で2200万円ってだけでニュースにまでなるんですからね。

リムジンバスも、大型冷凍トラックも買えないのに。

10tダンプだって2台新車で買えないのよ2200万円じゃ。

バスもトラックもお金稼げますが、このバイクはなるか、ならないかの営業か、もしくは道楽ですもんね。

きっと売れるでしょうね、RC213V-S。

乗る乗らないは別として、お金持っててオートバイが好きな人には安い買い物でしょう。

なんなら乗る用とか、飾っとく用とか何台も買う人だっていると思いますよ。

これ買う人は2000万円でも3000万円でも別に良いんですって。

ホンダだって一般大衆がこぞって買うとは思ってないんだし。

30年数年ローンで家建てた人間には到底買えませんしね(笑)

人気ブログランキングに参加しています。

クリックひとつで@管理人の喜び倍増計画にご参加お願いしますm(_ _)m



テーマ : 自動車・バイク関連ニュース
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

No title

自分でバラして組んで乗って遊ぶ・・それが一番楽しいのに。

乗ってはみたい気もしますが、馬力至上主義を生き抜いてきた自分としては

70馬力じゃねぇ・・

hitomさん

きっと維持費がとんでもない事になるでしょうね。

正規販売店以外が触ると保証が!とかになるんでしょうね。

まぁ~ホンダもレースで使うユーザー以外の想定数は微々たるものと踏んでるでしょう。

ホンダの四輪ディーラーにNR750が飾ってあったようにレースユーザー以外は飾りでしょう。

そこまで馬力を落とさないといけないのは音の問題ですかね?

馬力至上主義は今でも健在でしょう。

いや、馬力以外の数字なんざカス同然でしょ!(笑)
プロフィール

栗マン蔵

Author:栗マン蔵
旧マン蔵の曲芸走法
2009年12月09日に改名しました。
ホームページ
~世界征服への道~

初めて訪れた皆様へ
電工2種取得を目指す人はこちら
電気工事士のいろいろ
ブログランキング

にほんブログ村 バイクブログ スポーツスターへ

FC2Blog Ranking

Amazon商店
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
目指せ第二種電気工事士
スポーツスター・NV350にオススメ
ブログ内検索
ポットチェッカー
Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー
最近のトラックバック
娘の記録
記念日カウンター
NV350キャラバンカウンター
RSSリンクの表示