原付が時速30キロ以上で走れない理由

アプリリアRS4 50(カラーはSBK)
rs4_05.jpg
これ現行モデルの歴とした50ccの原付きです。
※アプリリアRS4/125(125cc)があってそれに50ccを積んだモデル。

メーカー吊しの状態でコレです。

2ストローク水冷単気筒エンジンで燃料供給キャブレター、6速ミッション。

41mmテスコピック倒立フォーク、フレームはアルミニウム。

300 mmステンレス製シングルディスクでキャリパーはラジアルマウント。

車両重量が132 Kg。

お値段は税込みで495,000円。
サニーイエロー、マットブラックは475,000円。

話は変わって。

現場に来ている17才の少年が原付(第一種原動機付自転車)で12キロオーバーで捕まったと嘆いておりました。

原付の最高速度は30キロなので42キロって事ですね。

6000円の罰金(反則金)で1点減点。

半日タダ働きだね、ご苦労さん。

なんで30キロやねん!と嘆いても仕方のない事。

10分早く起きて、10分早く家を出れば良いだけの事。

もしくは小型二輪を取って90ccにでも乗りなさい。

よってオマエが悪いんだ。

30キロ以上は速度超過ですっておかしなルールだったとしても、それが道路交通法で定められている以上はどうすることも出来ないのよね。

それが大人のルール、いや社会のルールなのです。

さて、その原付の最高速度30キロですが、制定されたのはいつ頃?

チョットその前に。

原動機付き自転車としては、1951年(昭和26年)に原付自転車の車両規格制定。

1952年(昭和27年)に原付運転許可制が始まり、原付免許(当時は許可)の歴史がスタートしております。

そして例の法定速度30km/hの件です。

道路交通法施行令 (昭和三十五年十月十一日政令第二百七十号)
第三章 車両及び路面電車の交通方法

その第三章の中に最高速度というモノがありまして第十一条。

何じゃかんじゃと小難しい事が書いてあって、最後に【原動機付自転車にあつては三十キロメートル毎時とする】

ハイ、これ。

昭和35年10月11日ですって。

1960年ですので、今から55年前に出来た法律ですね。

55年前の法律を今だに!!なんて事はナンセンスなので55年前の第一種原動機付自転車はどのようなモノだったのかを見てみましょう。

1960年発売 ホンダSuperCub C102 50ccで4.5馬力
1960_カブC102
スーパーカブとしては2代目で初代C100(1958年発売)にセルを付けたモデル。

すでにセル付きだったんですね。

販売価格は62000円。

国家公務員の初任給が大学卒上級(甲)というので12000円、高校卒初級で8300円(人事院資料より)

1960年発売 ヤマハMF-1 50ccで3.5馬力。
1960_MF-1.jpg
こちらは少しお安く販売価格は55000円。

1960年発売 スズキ セルペットMA 50ccで4.0馬力。
1960_セルペットMA
販売価格は58000円

こいつ優秀らしく70~80km/hで走れたそうです。

って、ここまで書いて思いました。

普通や、今と変わらんし・・・

実はですね、当時の原動機付き自転車ってこういうの想像してました(笑)
honda_A.jpg
1947年(昭和22年)製 ホンダA型

THE原動機付き自転車!

今で言うアシスト付き自転車の親戚みたいなモノを想像してましたが、恐るべし日本の工業製品。

当時と今の原チャリは全く違うんやし、THE原動機付き自転車は30キロだったとしても今は50キロで良いやろ~って記事になるはずが・・・

1960年には今と変わらぬ【原チャリ】になってました。

この法律はおかしいで!って物申すはずが・・・

しかし法律制定ってのは時間がかかるはずなので、基準はきっと自転車にエンジン積んだ俗に言うモペット的なモノが想定されていたのではないかと思います。

しかし昭和35年の制定後、蓋を開けてみたら、今と変わらない原付だったと。

そこで矛盾というか、誤差というか、トンチンカンな法律が出来ちゃったと。

ここまで書いたのに、今さら消すのはもったいないので・・・

確かに主要幹線道路でなくとも30km/hで捕まえちゃいますよ~はおかしいですよね。

警察だってメーカーだってわかってるはずです。

かといって、ここ日本は法治国家ですので道路交通法で定められている以上は違法です。

検挙率にはご馳走な原付30キロ縛りなんでしょうけど、どうにかなりませんかね?

大型自動車検挙であろうが、原付き検挙であろうが率は一緒ですのでご馳走をみすみす手放さないとは思いますけど・・・

「世の中に不満があるなら自分を変えろ。それが嫌なら、耳と目を閉じ口をつぐんで孤独に暮らせ」という名言がありました。

法律を変えたきゃ自らが国会議員なれと言うことですな。


人気ブログランキングに参加しています。

クリックひとつで@管理人の喜び倍増計画にご参加お願いしますm(_ _)m

   







テーマ : バイク
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

No title

原付つったら、パッソル、パッソーラの世代ですが。

あ、ミニトレとかミニクロ、その後マメタン。

初めて乗った原2がCB90・・

え?もういい?

hitomさん

もういいですw

初めて乗ったのはツレがパクッたホンダGダッシュでした。

そしてワタシは見事にパクられました・・・

初めてパトカー乗ったのはその時ですww
プロフィール

栗マン蔵

Author:栗マン蔵
旧マン蔵の曲芸走法
2009年12月09日に改名しました。
ホームページ
~世界征服への道~

初めて訪れた皆様へ
Advertisement
Advertisement
贈り物
電工2種取得を目指す人はこちら
電気工事士のいろいろ
ブログランキング

にほんブログ村 バイクブログ スポーツスターへ

FC2Blog Ranking

マン蔵商事オススメ
スポーツスターオーナーが
自ら開発、販売するショップ 883r-jp_x150f.jpg
PADDOCK_2017051911390327f.jpg
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
目指せ第二種電気工事士
スポーツスター本
スポーツスター・NV350にオススメ
ブログ内検索
ポットチェッカー
Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー
最近のトラックバック
娘の記録
記念日カウンター
NV350キャラバンカウンター
RSSリンクの表示